LibreOffice

「LibreOffice」およびオープンドキュメントの導入を開始しました

平素はJA福岡市をご利用いただき、ありがとうございます。

この度、当JAでは、パソコン導入時の費用削減と、パソコン文書の管理効率化を目的として、全事業所のパソコン(400台)へオフィスソフト「LibreOffice(以下、リブレオフィス)」を導入し、あわせて、ワープロ・表計算などの文書ファイルデータ形式をODF形式(オープンドキュメントフォーマット形式)に統一することといたしました。

 

導入の目的とその利点について

今回の導入における最大の目的として「パソコン導入時の費用削減」「電子文書の管理効率化」が挙げられます。

リブレオフィスは「ソースコードが公開され、無償で使用することのできる」オフィスソフトであり、ソフトウェアが無償となることで、パソコンを購入する際の費用を継続的に削減することが出来ます。

 

また、これまでは、何年も前にパソコンで作成した文書を編集しようとしても、最新のオフィスソフトでは取り扱いが出来なくなってしまう、といったケースがありました。 「ODF形式」という、文書を作成する際の国際標準規格を採用することにより、こういった事態を避けることが出来るようになります。 また、特定のソフトウェアに制約されることが無いため、一度ODF形式で作成した文書は、対応する様々なソフトウェアで長期的に利用することが可能となります。

 

リブレオフィス導入の手引書を配布しています

当JAでは、リブレオフィスやオープンドキュメントの導入をお考えの方向けに、手引書を作成し、PDFファイルにて配布しています。ぜひご一読下さい。

当JAでは今回の導入をもとに、今後もオープンソース・ソフトウェア活用による経費削減をはじめ、組合員・利用者との積極的な情報受発信や、様々なニーズに沿ったサービスを提供できるよう取り組んでまいります。

 

当件に関するお問い合わせ

JA福岡市 経営企画部 総合企画課

電話:092-711-2084  FAX:092-732-8790

ネットでのお問い合わせはこちらから


ページ先頭へ戻る

  • cross fm デンカツジャー

  • マイナビ2017

  • じょうもんさん市場
  • 店舗・ATMマップ
  • ネット市場はこちら
  • libreoffice
  • 元気なふるさと応援基金
  • JAファーム福岡
  • ジェイエイ福岡 不動産部
  • JA福岡市青年部
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • 福岡市の安全な農産物を知ろう!

JAの広報誌

最新号を見る

  • [携帯・スマートフォン]左のQRコードからアクセスしてください
  • 考えてみよう!TPPのこと