JA福岡市について

社会貢献活動

JA福岡市では、人と人とのつながり・たすけあいを基本とする協同組合の理念のもと、ゆたかな地域社会の形成をめざしてさまざまな活動を実践しています。

食農教育活動

まめひめ

まめひめ
市内の小学校を中心に
食農教育を行う「まめひめ」

2003年に結成された女性大豆加工グループです。管内の小学校を中心に、大豆の加工(主にみそ)や、だご汁など伝統料理法を伝授しています。毎年9月より、福岡市内の小学校や公民館などでおいしいみそ作り体験教室を行っています。

キッズクラブ

管内在住の小学生を対象に、農産物の栽培・収穫体験や料理教室といった、食農体験学習を実施しています。

小学生向け食育ツールの制作と配布

福岡市ぐるり一周探検すごろく
遊びながら食育を楽しく学べる
「福岡市ぐるり一周探検すごろく」

管内の小学生を対象に、「福岡市ぐるり一周探検すごろく」を制作しました。管内の農産物や伝統食、博多祇園山笠などの地域行事が内容に織り込まれ、遊びながら地域や食育について学ぶことができます。
学童稲作やみそづくり指導時など、当JAが主催する小学生向けイベントで配布するほか、インターネット上でもデータをダウンロードにて配布しています。

農業体験指導

稲作体験指導
市内の小学校での稲作体験指導

小学生や大学生を対象とした、若い農業後継者の指導による稲作やトマト栽培指導を行っています。

市民農業体験・ふくおか農業塾

福岡市やJA福岡市東部、福岡地域農業改良普及センター(ふくおか農業塾のみ)と共同で実施しています。 「市民農業体験」は、消費者を対象に農産物植えつけ体験等を通じて農業および農産物への理解を深める事、また、「ふくおか農業塾」は、農業に関心を持ち、将来は新規就農をめざす管内在住の市民を対象に、新たな就農者の育成を目的としています。

食農ティーチャー

食農ティーチャーによる伝統食料理教室
食農ティーチャーによる
伝統食料理教室

当JAでは、2007年より「食農ティーチャー」制度を創設しました。管内の子供たちや地域住民を対象に、農産物の栽培指導や地域農業、、安全・安心な食文化や伝統食料理教室といった、食と農の大切さを教えるボランティア制度です。
現在、農業専門の「農の先生」(15名)と、伝統食などを教える「食の先生」(31名)の二部門に別れ、組合員46名が活躍しています。

青年教育活動

少年剣道大会

少年剣道大会
熱戦の末優勝した如水館B
(2013年11月)

スポーツを通じた明るい地域づくりと健全な青少年の育成を目的に、年1回開催しています。2014年度は11月23日に福岡県立玄洋高校で開催、35チーム231人の小学生剣士が参加し熱戦を繰り広げました。

小・中学生向け各種コンクール

当JAおよび福岡県のJA全体で、夏に図画・書写コンクール、冬に作文コンクールを開催しています。毎年子どもらしいゆたかな感性や表現力を発揮した作品が多数寄せられています。子どもたちの健やかな成長を願い、今後も続けてまいります。

環境保全活動・地域貢献活動

渉外担当による地域パトロール

地域パトロール
バイクで巡回する渉外担当職員

当JAの経営理念である「地域に愛されるJAをめざす」を実現する取り組みとして、管内32店舗に配置された渉外担当職員からなる「地域安全パトロール隊」を結成。「安全パトロール中」のステッカーを風防に貼ったバイクで管轄区域を巡回し、不審者や事故、事件を発見・遭遇した際には迅速・的確に警察に届け対応します。

成春倶楽部(せいしゅんくらぶ)

管内在住の高齢者を対象に、手芸や健康体操などのサークル活動、料理教室、バスハイク等を企画。支店毎に定期的に実施しています。

地球温暖化防止宣言

能古島での「ラブアース清掃活動」
能古島での「ラブアース清掃活動」

「人と自然のかかわりを大切にする」を経営理念に掲げる当JAにおいては、これまでもエコファーマー認証取得や廃ビニール回収など、環境保全型農業の推進に取り組んできました。
2007年10月、発足45周年を迎えるにあたり「チーム・マイナス6%(現:チャレンジ25キャンペーン)」への加入をはじめ、地産地消・フードマイレージの啓蒙など3項目を謳った「地球温暖化防止宣言」を定め、取り組みをスタートしました。
今後も役職員一丸となって、自然・環境保護活動をよりいっそう実践してまいります。

清掃活動

自然環境の保全は農業及び食の安全を守る為に重要と考え、地域住民が利用する公園・河川や支店周辺の清掃活動を定期的に行っています。
また、上記の「地球温暖化防止宣言」に基づき、2008年より「ラブアース」に参加し能古島の清掃活動を役職員・組合員で行っています。

農業用廃ビニール回収

当JAではハウスなどのビニールや不要農薬を農閑期に回収しています。回収後はビニール樹脂やポリ原料への再生化といったリサイクル処理を行い、新しい商品へと生まれ変わります。

農業・地域協同活動支援基金

当基金(通称:元気なふるさと応援基金)は2008年より交付を開始しました。これは、当JA管内地域において地域活性化に係る各種活動、環境保全活動等を行う団体を認定・表彰して功績を称え、資金助成するものです。
毎年10月から翌1月までの期間で募集を行い、その活動を審査して交付を決定、6月の総代会にて表彰を行い、支援金を交付します。

ページ先頭へ戻る


  • レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
  • JAバンクATM休止のお知らせ
  • JAあぐりフォトコンテスト
  • cross fm デンカツジャー
  • じょうもんさん市場
  • 店舗・ATMマップ
  • libreoffice
  • JAファーム福岡
  • ジェイエイ福岡 不動産部
  • JA福岡市青年部
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • 福岡市の安全な農産物を知ろう!

JAの広報誌

最新号を見る

  • [携帯・スマートフォン]左のQRコードからアクセスしてください
  • 考えてみよう!TPPのこと