農産物・直売所

稲作だより

第2号(8月23日発行)

平成24年度 第2号 8月23日発行 福岡市農業指導センター 農産班

遅い梅雨明け、一転、高温・多照!!
生育が遅れていましたが、もちなおしてきています。
今回のたよりでは、出穂期前後の内容をお知らせします!!

 

1 気象経過

 

 

2 病害虫の発生状況

出穂期前後の注意する病害虫は、いもち病斑点米カメムシです!!

 

(1)いもち病

葉いもちが、肥料が多い所を中心に、発生しています。
穂いもちの防除適期は、出穂直前ですが、適期に防除できなかった場合でも、上の方の葉にいもち病が発生していれば、出穂後のできるだけ早い時期に防除をしましょう。
(稲作ノートP.48を参照)

 

(2)斑点米カメムシ

田んぼや畦草で発生しています。
薬剤による防除適期は、穂揃い期から7~10日後です。(稲作ノートP.37を参照)

 

(3)その他の病害虫

●トビイロウンカ

7月中旬までに飛来してきています。9月に注意が必要です。
今後の動向は、次回の稲作だよりでお知らせします。

●コブノメイガ

食害が少し見られますが、防除の必要はありません。

●紋枯病

発生し始めています。高温・多雨で多発します。(稲作ノートP.49を参照)

 

【気になる食害】

イネツトムシ(イチモンジセセリ)

今年、右の写真のように葉が激しく食べられている 田が目立ちます。 イネツトムシの食害ですが、これ以上被害はひどく ならないので、防除の必要はありません。

病害虫の発生は、田んぼ毎で異なります。
自らの田んぼの観察を十分に行いましょう!!
最新情報は、今後の「携帯版稲作情報」及び「稲作だより」でお知らせします。
農薬の安全使用と飛散防止対策を徹底しましょう!!

 

3 出穂期および収穫適期予想

(1)早期夢つくし(5/10田植えまでの夢つくし)

8月23日頃から、収穫適期になります。
高温が続いていますので、刈り遅れないよう注意しましょう!!

 

(2)普通期水稲

普通期水稲の出穂は、昨年と同じくらいになりそうです。

品種 田植日 出穂期 収穫適期予想
夢つくし 6月10日 8月8日 9月13日
元気つくし 6月10日 8月15日 9月22日
元気つくし 6月20日 8月18日 9月27日
ヒノヒカリ 6月10日 8月22日 10月2日
ヒノヒカリ 6月20日 8月25日 10月6日
にこまる 6月15日 8月28日 10月9日
にこまる 6月25日 8月31日 10月14日

*ヒノヒカリ、にこまるの出穂期は予想です(8/17時点)。
*収穫適期は今後の天候で変わることがあります。

 

4 出穂以降の水管理

 高温が続き、夜温が高い場合は、かけ流しを行いましょう。

 

(1)高温時

 

(2)早期落水防止

作業に支障のない範囲で、収穫間際まで間断潅水を行い、落水時期を遅くしましょう。

 

(3)台風対策

台風が接近してきたら、強風による脱水を防ぐため、可能な限り深水管理を行います。

 

5 等級を著しく低下させる要因

下記の条件になると規格外になります。注意しましょう!!

 

(1)胴割れ(立毛胴割れ)

早期落水した場合や刈り遅れた場合に、田んぼの中で胴割れが発生します。 
できる限り落水時期を遅くし、適期収穫を行いましょう!!

 

(2)ヤケ米

収穫した籾を炎天下にさらしたり、コンバイン袋に入れて放置していると、 ヤケ米が発生します。 収穫後はできるだけ早く(収穫後2~3時間以内)乾燥機に入れましょう!!

 

(3)稲こうじ病(稲作ノートP.50を参照)

発生の多い田んぼは、分別して収穫・乾燥を行いましょう!

 

6 機械の掃除徹底と安全対策

清掃や点検を徹底し、事故を防ぎましょう!!

(1)コンバインや乾燥機・籾摺機の清掃を十分に行い、異物等の混入や、コクゾウ等の害虫が発生しないようにしましょう!!
(2)コンバイン作業は、巻き込まれ事故や転倒・転落、周囲の安全確保に十分に注意して行いましょう!!

 

内容に関する問い合わせは、最寄りのGCまたは普及指導センターへ

東GC:581-0522  早良GC:803-1111
西GC:806-7411  普及指導C:806-3400

 

早良ライスセンターの利用方法については、集落座談会や稲作講習会等で説明をしてきたところですが、皆様が使いやすい施設とするために、利用方法等の改善を行ってきました。

 

【改善事項】
        1. モミの搬入日時について
          当初は、利用組合が指定した日時に搬入としていましたが、「モミ搬入計画書」を提出す ることにより、利用者の希望日に搬入できることになりました。
        2. モミの搬入場所
          早良流通センターを荷受場所とすることで、随時荷受けが可能となりました。
        3. フレコンの貸出
          約15a分(乾燥モミ 1t)が入るフレコンを無償で貸し出します。
        4. トラックの貸出
          2tトラックの貸出を行うことになりました。利用料金は1往復で1,000円です。

施設利用申込はいつでも受け付けています。詳しくは早良GCにお尋ね下さい。

 

7 出荷時の注意事項

【確認しましょう】

    1. 農作業日誌や農薬・肥料の使用記録等をきちんと記帳していますか?
    2. 平成24年度「米穀集荷販売方針」を読まれましたか?
    3. 講習会や研修会に出席されましたか?

 

【栽培作業記録簿】

    1. 米の出荷時には、栽培作業記録簿が必要です。
      ※早良ライスセンター利用の場合は、モミ搬入時に提出して下さい。
    2. 栽培作業記録簿は、今年度の出荷契約書に同封した用紙を使って下さい。
    3. 栽培作業記録簿の記帳は、必要事項をもれなく記帳して下さい。特に農薬の散布日や使用量、収穫量に未記入が見られます。
      ※栽培作業記録簿の記入不備は、集荷時の混雑の原因になります。

 

【水分】

    1. 玄米水分の目標は「15.0%」です。
    2. 籾摺り前に必ず水分を測定し、乾燥不足(16%を超える水分)の場合は適正水分まで乾燥して、籾摺りを行いましょう。

 

【出荷袋】

        1. 出荷時の袋込の重量は、全ての米穀で「30.6kg」です。
        2. 早良ライスセンターを利用する場合は、出荷袋は不要です。
        3. 使用する出荷袋
          ・通常のうるち玄米及び中米・・・・・全農マーク入りの新袋
          ・もち米・・・・・・・・・・・・・・もち米専用の新袋
          ・クズ米・・・・・・・・・・・・・・一空紙袋
          ・米粉用米・・・・・・・・・・・・・米粉用新袋
          ※米粉用米は篩上も篩下も米粉用袋に入れて下さい。端数も同様です。
        4. 品種名の記入

品種名を正しく記入して下さい。

誤り
夢つくし ユメツクシ・夢ツクシ・ゆめつくし 等
ヒノヒカリ ひのひかり・日の光 等
元気つくし 元気づくし 等
にこまる ニコマル 等

 

 

内容に関する問い合わせは、各グリーンセンターまたは普及センターまで

ページ先頭へ戻る

  • 旬みっけ


  • 出資証券ペーパーレス化

  • cross fm

  • レシピ検索No.1 料理レシピ載せるなら クックパッド
  • じょうもんさん市場
  • ワッキー主基の里
  • 店舗・ATMマップ
  • libreoffice
  • ふるさと応援基金
  • JAファーム福岡
  • ジェイエイ福岡 不動産部
  • JA福岡市青年部
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • 福岡市の安全な農産物を知ろう!

JAの広報誌

最新号を見る

  • [携帯・スマートフォン]左のQRコードからアクセスしてください